今週の山頭火句

今週の山頭火句 ここにおちつき草萌ゆる  山頭火

2022年5月19日木曜日

愛媛新聞掲載「第17回俳句一草庵賞」!

  「第17回俳句一草庵賞」を愛媛新聞が紹介・掲載してくれました。

遅くなりましたが、紹介をしておきます。



  五月の一草庵です。




2022年4月30日土曜日

「第17回俳句一草庵賞」決定です!

 第17回俳句一草庵賞がきまりましたので、発表します。

コロナウイルス感染防止の関連で、一草庵で公開俳句大会を開催することはできませんでしたが、一人限定2句で486句応募投句がありました。俳句選者の先生と、俳句一草庵スタッフで各賞を決定させていただきました。
                    
                             

俳句一草庵大賞

さむい駅から春に着いた        三重県名張市 宮崎紘陽
「さむい駅」は冬の比喩。寒い冬がようやく終わり春が来た喜びと安堵感に溢れている。さあ、頑張るぞといった意欲も感じられる。この句が自由律であることも一草庵の句会ライブに相応しい。(小西)
⓶ 全体で十三音の破調であるが、これ以上言葉を付け足すと蛇足となってしまいそうだ。厳しい寒さから解放された明るさが伝わってくる。(白石)
        
松山市文化協会会長賞
 
永き日の壊れはじめる僕の空    今治西伯方分校 松本虹輝
 ①揺れる青年期の思いが上手く書き止められている。学校の成績でもいいしロシアのウク  ライナ侵攻でもいい。理想と現実とのギャップがナイーブな心を揺さぶる。永き日のアンニュイがその気分を加速する。(小西)
未来に不安を感じる青春性に惹かれた。季語「永き日」と「壊れはじめる僕の空」とが対照的で面白い。アンニュイな「永き日」。(キム) 
 
山頭火一浴一杯賞(水口酒造協賛)

月光を招き入れこんな地球になったと詫びる 
                                              新潟県妙高市 国見修二
これも自由律だがこちらは長律。山頭火、放哉以降自由律は短律が中心になっていくが、長律の面白さを感じさせてくれる句。時節柄、「こんな地球」はウクライナの紛争を思うが、別の読みもあるだろう。(小西) 

山頭火柿しぐれ賞(白石本舗協賛)

青き踏むいつも隣に山頭火       松山市 西野周次
  恐らく「分け入つても分け入つても青い山」をモチーフに、この作者ならではの俳句に仕上がっている。山頭火への親愛の情を清々しく詠まれている。(キム)

《小西昭夫選》
一般の部・特選
さむい駅から春に着いた         三重県名張市 宮崎紘陽

 一般の部・入選
月光を招き入れこんな地球になったと詫びる 
                                                 新潟県妙高市 国見修二 

高校等の部・特選

永き日の壊れはじめる僕の空   今治西伯方分校 松本虹輝

高校等の部・入選

雪解水オオイヌノフグリ照らしたり 
                                   高山市東山中学 門前逢希                  
ぼくたちがイヌフグリと呼んでいるのはほとんどがオオイヌノフグリである。
その名称へのこだわりが青年期の潔癖さを感じさせる。キラキラひかる雪解水に輝くオ
オイヌノフグリが美しい。

《白石司子選》
一般の部・特選
さむい駅から春に着いた      三重県名張市 宮崎紘陽

一般の部・入選
良い子から夏の子になる夏休み 宇都宮市 亀田かつおぶし
 助詞「から」を「起点」と取るか、「経由点」と取るかによって解釈は異なるが
「夏の子」「夏休み」の繰り返しが「夏」の解放感を表出。最近の子どもたちは、
  夏休みでも部活、塾通いで忙しいが、かつてはこんな元気な子が多かった。

高校等の部・特選
春光やピアノのペタル踏むリズム  水沢高校 菊地真帆
二物配合の句であるが、即かず離れずでうまい! 春めいた光線に、表現の可能性が広がるピアノのペダルを踏むリズムを感じたのである。

 高校の部・入選  
葱坊主失恋しつこいと読み           吉城高校 吉井幸平       うららかな春を思わせる葱坊主に触発された句だと思うが、それは作者自身の投影でもある。失恋の心の痛みのぐずぐずしたしつこさに少しうんざりして、すっと立つ葱坊主をうらやましく、いや、まだまだ坊主で未熟だなと考えたのかもしれない。

《本郷和子選》
一般の部・特選
菜の花と空の青さやウクライナ       松山市 水野玄太郎
菜の花の黄色と空の青色がウクライナのカラーである。現在のウクライナの状況を思うと作者は一日も早く元の平和な国に戻って欲しいと願っているのだ。句の裏に今の悲しみと祈りが内蔵されている。

一般の部・入選
反戦の叫びをさらう春一番       松山市 三好眞由美         
この句も同じように世界の人々の心の叫びがある。その叫びを春一番がさらってしまうというのだ。でも、叫びを止めるわけにはいかない。いつまでも声をあげ叫び続けなければと思う。

高校の部・特選
水温む「おかあさん」から「母さん」へ  
                         水沢高校 阿部なつみ
 ひらがなの「おかあさん」から漢字の入る「母さん」へ十代の少年か少女が、
 次第に成長する過程を切り取った初々しい句である。季語も適切だ。
 
 高校等の部・入選
  桜散る心機一転歩み出す       吉城高校 田中豊人
 桜散る頃、卒業、入学期となる。作者は今までの自分を振り返ると共に「さあ出発
 だ、がんばろう」と気持ちを新たにし前へと歩み出したのだろう。中七の言葉が一
 つの決意となった。

《キム・チャンヒ 選》
一般の部・特選
木漏れ日ひとつ部屋の片隅      東京都 桐山榮壽
特別なことではなにもなく、ただ日常の一場面を切りとっただけなのに、自由律的な七七のリズムによって孤独感の様なものが伝わってくる。木洩れ日も自分も部屋の片隅にいるみたい。

一般の部・入選
青き踏むいつも隣に山頭火       松山市 西野周次

高校等の部・特選
永き日の壊れはじめる僕の空  今治西伯方分校 松本虹輝

高校等の部・入選
少年のふくらはぎより日脚伸ぶ 今治西伯方分校 阿部啓将
                      
 元気な少年は、春先(冬でも?)から半ズボンをはいている。そんな少年のふくらはぎが、春の光に浮かび上がっている映像がしっかりと見える。「より」の使い方もユニーク。少年のふくらはぎから、日脚が延びているようにも読める。

《まつやま山頭火倶楽部賞》 
 ウェディングブーケ遠くに春の雲  飛騨神岡高校 井上実咲
花嫁さんのブーケが空を舞う。その空の向こうの春の雲、ういういしい貴女に向かってやってきているような気がします。「ウェディングブーケ」と「遠くに春の雲」の見事な取合せに清々しい詩(ポエジー)を感じました。

   音の波曳く機関車や寒桜         松山東高校 谷口歩音 
 「寒桜」と「冬桜」は少し意味が違うようですが、「音の波曳く機関車」と「寒桜」の衝撃によって、音の波は寒桜にエールを送り、見事な冬桜に変身したかのようです、そして、バックで波音が共演する景が目に浮かんできました。




2022年4月24日日曜日

公開俳句大会「第17回俳句一草庵」開催中止のお知らせ。

 皆様が楽しみとされていた公開俳句大会「俳句一草庵」についてのお知らせです。

俳都・松山として、Withコロナ対策として、松山の「ブランド・俳句」で、元気を取り戻そ

うと計画をしていましたが、関係者の人たちと相談の結果、相互判断をして開催を中止する

ことといたしました。

 全国からの沢山の投句、有難うございました。

ひとり2句限定で、486句集まりました。

(投句締切は、4月13日でした。16日以降到着分は、山頭火俳句ポストほうへ投函させていただきました。)

 一次選考の「俳句一草庵トーナメント表」ができましたので、公表いたします。

 なお、各俳句一草庵賞は、選者及び事務局で選考して、4月29日に発表します。





2022年4月8日金曜日

「第17回俳句一草庵」の俳句募集です。投句締切:4月13日!

  「俳句一草庵」の投句締切は、4月14日(水)です。

 投句料は、無料ですよ。

(全国の皆様へ! 投句届いています、本当に有難うございます。)


「第17回俳句一草庵」の俳句を募集します

     山頭火終焉の地・一草庵での公開俳句ライブです。
    有季定型、自由律のジャンルは問いません。
    あなたの投句をお待ちしています。




   公開俳句ライブ「俳句一草庵」を
       令和4年4月29日(祝・金
     (開催時間:13:00~16:00)
           松山市御幸1丁目の草庵広場」で開催します。
    (雨天の場合は、中止させていただきます。)

【俳句募集要項】

  ・ハガキ1枚に一人2句限定(未発表作品)。
 ・住所、氏名、年齢、電話。小中高生は学年を明記。
 ・有季、定型・自由律のジャンルは問いません。
 ・投句用紙には、こだわりません、葉書で郵送を。
       送付先:〒799-2651 
       松山市堀江町甲1615-3
       NPO法人まつやま山頭火倶楽部             
      ※FAXでの受付は、行っていません。

 〈投句締切〉 4月13日(水) 〈投句料は無料〉

 ・各俳句賞は、一次選考の中より、当日公開選抜をします。

 ・優秀句は新聞に掲載、記念品あり。





2022年3月24日木曜日

第33回山頭火俳句ポスト賞の発表です。

      <<第33回山頭火俳句ポスト賞>>

                   

                   

(投句期間 令和3年9月1日~令和4年2月28日) 
                                              
一草庵の「山頭火俳句ポスト」に投句された俳句は、138句。
(コロナ禍に関係か、県外句は8句)
表彰式は、4月29日(祝)13:00~13:30
    公開俳句大会「俳句一草庵」会場で実施します。
会場 一草庵(松山市御幸1丁目476)
                 

      
山頭火俳句ポスト大賞
山笑う山から山頭火下りて来た   松山市 浅海好美
 【評】「山笑う」明るい春となり、山から下りて来たのは小僧ではなく山好き
な山頭火さん。「山笑う」「山」「山頭火」の「山」の繰り返しがリズムを生
み、童謡「おおさむこさむ(大寒小寒)」を思い出した。(白石)                                                                                                  
山頭火一浴一杯賞
浜焚火大風呂敷の輪に入りぬ       松山市 西野周次       

【評】浜の焚火を男たちが何人かで囲んでいる。皆それぞれに愉快な会話が
弾んでいるのだろう。「大風呂敷」であるからいろいろと想像するのも楽しい。
作者もその輪の中に入り笑いながら合槌を打っているのか、ご自分も負けずに
大風呂敷を広げているのか、季語を生かしたおもしろい一句となった。(本郷)
 
山頭火柿しぐれ賞
一草庵寝転んで見る萩薄         松山市 西 敏秋
【評】日本の秋、いろいろの草花を見出すが、その中で、はっきり秋の景色
を謂えてくれるのは、萩とススキである。日本の秋を象徴し代表するのである。
ちなみに、「萩がすすきが今日の道 山頭火」の句がある。(髙橋)

小西昭夫選
【特選】笑う山笑わぬ山も肩ならべ     八幡浜市 後藤明弘
【評】俳句の世界では冬の山は「山眠る」、春の山は「山笑う」という。
冬の山は木々の芽吹きの準備などで何となくざわざわしてくる。
これが「山笑う」ということだが、冬から春への季節の変わり目には笑う
山と眠る山が肩を並べているというのだ。機知の句ではあるが、季節の移
り変わる感じを上手く表現している。

【入選】しあわせを手押しポンプに汲む春日  松山市 長澤久仁子
【評】「手押しポンプ」がいいなあ。水道をひねって汲む水とは違って、
手押しポンプには水を汲むための能動的なかかわりがある。それは手押し
ポンプを押すことだが、蛇口を捻るのではないかわりに汲んだ水や汲む人
に射す春日がしあわせを実感させるのであろう。

白石司子選
【特選】整列のロシア兵墓地鳥雲に       松山市 長澤久仁子
【評】春、北方に帰ってゆく鳥の姿が雲間に隠れるさまをいう季語「鳥雲に」
が効果的。もちろん整列しているのは墓地であるが、そこに眠るロシア兵たち
が列を調えて鳥を見送っているようでもあるし、兵たちのたましいも一緒に帰
ることが出来ればいいと祈っているような作者の心象もみえてくる。

【入選】人生の意味を辞書で引こうとした     京都市 植木暮四
【評】物事を調べるには様々な情報が氾濫しているインターネットよりも、やは
り辞書が一番確実だと思って「人生の意味」を調べようとしたのであるが、
やめてしまったのかもしれない。生きる意味の答えは本当に難しい。無季句で
あるが多くを語っているし、「引こうとした」という口語が一句を深刻なもの
にしていない。
本郷和子選 
【特選】身に入むや人にもありぬ裏表        松山市 西野周次
【評】「身に入む」とは晩秋の季語になるが、元来、和歌に愛用された言葉で
「哀れ」を主調として用いていたが、俳諧では感覚的に感じ取って「冷気」を主
にして言う。秋冷の気を身にしみ通るように感じること。人には裏表があるこ
とが冷気のようにしみ通るのだ。
【入選】冬うららトーテムポールに野球帽   松山市 青井真須美 
【評】発見の句である。トーテムポールの上に野球帽が投げてひっかかったのか、
又は、わざと乗せているのか。意外性のある情景を句にしている。冬晴れのうら
らかな日のんびりと歩いて、この景を見つけた作者の何気ない写生の句である。
髙橋正治選 
【特選】客用のカップで紅茶ひとり楽しむ     松山市 岡田道子
【評】お客様を送り出してより後はガランとして閑かである。一人縁側に出て、
もう一度藤の花を仰いだ。もう薄紫に咲き揃っているその美しさ、お客になっ
た気分で紅茶をいただいた、そんな景が見えてきた。
【入選】新そばを二人ですする二人の秋       松山市 長井道子
【評】そばを食べる時は、少し早目にざあざあと音を立て遠慮なく食べるのが
うまい。鼻や舌に残るあと味もよい。旅行の駅で僅かな時間で立ち食いするの
もうまい。
まつやま山頭火倶楽部賞 
えんがわにもみじなたびく十二時半  勝山中学 植木晴子
【評】「誕生日午前十時の桐の花(川崎展宏)」の句を思い出した。
「十二時半」の言葉に発信力があります。午前九時でなく一六時でなくて。
一草庵にも縁側がありますが、縁側は家族や友人の集う憩いの場です。
食後のお茶を飲み終わったところでしょうか。「もみじたなびく」、
たなびくの言葉に動きがあっていいですね。これからの午後に新しい夢と
活力を感じました。










                  

 

2022年2月15日火曜日

「俳句一草庵」への投句、お待ちしています!

  浜崎むつみさんより、素敵なYou Tube『山頭火の世界』が届きましたので、

紹介します。ご覧になって、山頭火を偲び、一句詠んでみませんか。



                       投句先:〒799-2651 
       松山市堀江町甲1615-3
       NPO法人まつやま山頭火倶楽部 
                      (FAXでの投句は、受け付けていません。)            
      

 〈投句締切〉 4月13日(水) 〈投句料は無料〉







2022年1月16日日曜日

会報「鉢の子」第51号の紹介

  会報「鉢の子」第51号を紹介します。

 <目 次>

 山頭火、転生の伊予路        渡邉 紘

 感慨、一洵墓参           田中修司

 繋がる縁              芳野友紀

 山頭火82回忌法要    

 山頭火と朱鱗洞合同句碑建立除幕式

 山頭火句集 草木塔【復刻版】出版

 第32回山頭火俳句ポスト賞受賞者  太田和博

 南郷庵と寒霞渓を訪ねて       穴吹 明   


   










 拡大してみましたが、読めないように感じます。
 ご購読したい方は、ご連絡ください。

   「鉢の子」編集部
    〒790-0845  松山市道後今市9-7  松井征史
                   Tel      090-9454-4330
                   Fax     089-924-6685
                                              E-mail  mmk05@mh.pikarane.jp


        

2021年11月24日水曜日

山頭火・朱鱗洞句碑の後に、竹垣の塀づくり!

  立派な山頭火と朱鱗洞の合同句碑が出来ましたが、後ろにあるコンクリートのブロック塀が

似合わないとのことで、仲間たちが手作りで竹垣の塀を作ってくれました。完成しましたの

で、紹介します。(令和3年11月3日)


















草木塔』復刻版は、山頭火関係者及び全国の都道府県図書館、松山市内の中学校へ

愛媛県下の高等学校、大学図書館へ寄贈をしました。

 愛媛CATVさんが、市内中学校への『草木塔』復刻版の贈呈式を取材してくれていますの

貼付けてみます。YouTubuで閲覧できます。


 愛媛新聞、読売新聞も報道してくれました。




2021年11月4日木曜日

山頭火自選一代句集『草木塔』初版本を復刻す!

  山頭火が、生前、昭和15年4月28日に、世に公に出した自選一代句集『草木塔』初版

本の復刻版をNPO法人まつやま山頭火倶楽部で出版しました。

  (「伊予銀行地域文化活動制度」の助成金を受けて)

(その後出版された句集『草木塔』に、句の文字が間違って版があったからです。18句以上間違っいる『草木塔』もありました。)

 山頭火は、いまも人々の心の中に生きていると思う。

 ”分け入つても分け入つても青い山”

この旅立ちの句を知らない人は少ないでしょう。世の人々は、さびしいけれどもあたたかな

人間味のある純真な山頭火の句に魅了されます。

現在、初版本は図書館でも見つけることが難しい本になっています。

山頭火ファンの皆さまへ

是非、書店でお求めになってみては、いかがでしょうか。


山頭火一代句集『草木塔』の書誌は、昭和十五年四月二十八日発行。部数は七百部、定価三円、発行所は東京の八雲書林。造本は四六版、紙上装本。表紙は貼付の題簽、「草木塔」の署名は木版手刷り。函付。口絵写真二葉。本文は唐紙二百八十頁。五号活字で一頁三句組み、収録句数は七百一句、と記されている。(村上護)




新聞記事を紹介します。

    ※ NPO法人まつやま山頭火倶楽部理事長は、髙橋正治です。




山頭火句集『草木塔』のチラシ


2021年10月12日火曜日

山頭火・朱鱗洞合同句碑除幕式!

  10月3日、山頭火の悲願だった野村朱鱗洞の句碑、かつて「柿の会」による昭和15年

10月11日の追悼句会で満場一致で決まっていた、山頭火・朱鱗洞の合同句碑、実現でき

いなかったのですが、山頭火没後80周年事業の一環として、山頭火倶楽部で建立するこ

とができました。

 コロナ感染防止に配慮しながらの除幕式でしたが、30人程度の人が集まりました。

 当日は、「山頭火一草忌」「第12回山頭火検定」「第32回山頭火俳句ポスト賞表

彰式」も併せて実施しました。

 句碑の場所は、護国神社万葉苑西、一草庵寄りにあります。

  しぐれ英霊しみじみここにゐたまふ 山頭火

 (昭和15年8月29日早朝の句、参拝の句。字は、山頭火句日記より採る。)

  へうへうと人らすぎゆけり風の中   朱鱗洞 

 (遺稿句集『禮賛』大正2年の句。自筆短冊より採る。)





山頭火の句、”蝉しぐれ”と”英霊”の取り合わせ、組み合わせの想像の妙に心打たれます。

”しみじみ”に山頭火の思いが伝わってきます。

朱鱗洞の句、100年前にスペイン風邪でなくなってしまった、朱鱗洞の声は聞こえて

来るような気がいたしました。

 物に頓着せず、こだわらず”へうへうと”コロナ禍をすぎていこうよ・・・・。







一草忌記念写真

第12回山頭火検定


第32回山頭火俳句ポスト表彰式