今週の山頭火句

今週の山頭火句 咲いて一りんほんに一りん  山頭火

2021年1月17日日曜日

「第16回俳句一草庵」の俳句募集!!

 「第16回俳句一草庵」の俳句を募集します


     山頭火終焉の地・一草庵での公開俳句ライブです。
    有季定型、自由律のジャンルは問いません。
    あなたの投句をお待ちしています。




   公開俳句ライブ「俳句一草庵」を
       令和3年4月29日(祝・木
     (開催時間:13:00~16:00)
           松山市御幸1丁目の草庵広場」で開催します。

【俳句募集要項】

  ・ハガキ1枚に一人2句限定(未発表作品)。
 ・住所、氏名、年齢、電話。小中高生は学年を明記。
 ・有季、定型・自由律のジャンルは問いません。
 ・投句用紙には、こだわりません。

 〈投句締切〉 4月13日(火) 〈投句料は無料〉

 ・各俳句賞は、一次選考の中より、当日公開選抜します。

 ・優秀句句は新聞に掲載、記念品あり。

      <俳句選者>  
        小西 昭夫(船団、子規新報)
        白石 司子(海原)
        髙橋 正治(十六夜柿の会)
        本郷 和子(新風)




2020年11月30日月曜日

会報「鉢の子」第49号の紹介

 「鉢の子」49号(令和2年11月号)を紹介染ます。

  <目次> 或る日の山頭火 

       山頭火揮毫の文机、その真贋考

       新発見資料『女子文壇』の山頭火

       山頭火も交遊す 陶工・迦洞無坪のこと

       早坂暁さんを偲ぶ

       没後80年「山頭火アート展」

       十六夜柿の会十月句会

       第30回山頭火俳句ポスト賞











2020年11月22日日曜日

中学生、一草庵へ来てくれる。地域文化の勉強に!

  勝山中学一年生が、ふるさと勝山の文化財を勉強しようと「一草庵」へ来てくれました。

地域の文化を知らなくて、ふるさとを語る資格はないんだとの思いでしょうか。

(松山城は、勝山城とも言われています。)

 少しお話をして、山頭火の俳句を紹介しました。

  分け入つても分け入つても青い山

  空へ若竹のなやみなし

  もりもりもりあがる雲へ歩む

 この中学生の中に、今年の山頭火検定(10月11日)を受験して、合格した生徒がいました、来る前に仲間にレクチャーしてくれたそうです、嬉しい。)






2020年11月21日土曜日

山頭火80周年記念事業、伊予銀行地域文化活動の助成を受ける!

  まつやま山頭火倶楽部は、「伊予銀行地域文化活動助成金」を受けました。(11月5日)

  これを機に、山頭火没後80周年の記念として、次のことを行います。

山頭火が、生前に世に向かって公に出版した自選一代句集『草木塔』の誤謬版がでまわっています。山頭火さんが、天国で怒って泣いてようです。

よって、『草木塔』の誤謬訂正版を出版したいと思います。

もう一つは、昭和15年10月11日の追悼句会で満場一致で決まっていた野村朱鱗洞と種田山頭火の句碑建立がそのままになっているので、山頭火が毎日のように英霊に参拝していた護国神社に、そこにある万葉苑に山頭火・朱鱗洞の合同句碑を建てたいと考えています。









2020年11月12日木曜日

「山頭火没後80年記念シンポジューム」、防府で開催!

 


 令和2年10月25日で防府で開催された

 山頭火没後80年記念シンポジューム「旅する山頭火 終焉の地」の

新聞が、山頭火ふるさと館から届きましたので、紹介しておきます。






お知らせ「山頭火 没後80周年記念切手」が販売されています。

 山頭火没後80年を記念して、山頭火の俳句をデザインした切手が発行されました。

是非、ご利用下さい。


切手の概要
名称山頭火没後80周年記念
販売開始日令和2年11月11日(水曜日)
販売部数500シート(愛媛県250シート、山口県250シート)

販売郵便局

愛媛県:松山市内の全郵便局(計66局)
※一部の簡易郵便局は除きます。
※松山市以外の愛媛県内の郵便局はお取り寄せで販売します。
山口県:周南地区連絡会の全郵便局(計95局)

セット構成1シート 84円切手×10枚
販売単位セット単位で販売します
価格

1セット 1,330円(税込) ※郵便局での通常販売価格


2020年10月14日水曜日

「山頭火一草庵まつり」、町田康さんのエッセイ「寺小屋山頭火」の朗読に酔う!

「山頭火一草庵まつり」、山頭火の命日10月11日が、本番です。

 まず、山頭火一草忌を奉修しました。


  御幸寺住職・土屋栄厳住職が、山頭火追悼供養を行ってくれました。

 午後からは、山頭火検定、第30回俳句ポスト賞表彰式

 そして、町田康さんのWebエッセイ「寺小屋山頭火」の朗読です。

 参加者は、うっとり、そして声も立てず朗読に酔い知れていました。

 エッセイが終了したら、松山に来ていただいて、お話を聞きたいなぁー。


名作NHK俳句ドラマ「何でこんなに淋しい風ふく」の
(奇才脚本家・早坂暁、山頭火俳句の書は、前衛いけばな作家・中川幸夫
音楽は、奇才の現代音楽家・武満徹) 
シナリオ・ロケハンティングに来られた早坂先生、渥美清さん、またフランキー堺さんとお話をされた髙橋正治さんから思い出話を聞きました・・・。
 一草庵に来た渥美さん、長いこと木魚を叩き続け止めなかったそうです。しびれを切らした早坂先生が、時間ですよ、と声をかけたとか。
先生は、山頭火の句”さみしい道を蛇によこぎられる”の句が映像化できなかったことを、残念がっていた・・・。

だまつて今日の草鞋穿く 髙橋真理子作

10月11日付け、愛媛新聞では、没後80年の山頭火を一面に、紹介してくれました。
また、南海放送・愛媛朝日テレビ・愛媛CATVさんが、取材に来てくれました。




2020年10月6日火曜日

「山頭火一草庵まつり」開催! 10月4日~11日

 元気を誘う!「山頭火一草庵まつり」が、始まりました。

コロナ禍で、大変ですが、山頭火に触れて元気になってもらうとうれしいです。

苦しくても、もりもりもりあがる雲へ歩もうよ!という山頭火の声が聞こえてきました。

三密対策として、「山頭火俳句でアート展」を企画しました。

松山在住の作家が、力強く参加してくれました。是非ご覧ください。



 10日、11日には、「山頭火トークイベント」を行います。15:00~16:00

  ①芥川賞作家・町田康さんが、Webで開催している「寺小屋山頭火」のエッセイを

   朗読し紹介します。

  ②早坂暁先生には、一草庵に来ていただき、お世話になりました。

   お礼を込めて、ドラマ作成秘話及び思い出話を語り偲びたいと思います。









2020年9月30日水曜日

第30回山頭火俳句ポスト賞を発表します!

 「第30回山頭火俳句ポスト賞」



 


(投句期間 2020年3~2020年8月31日)                                              
表彰式は、10月11日(日)山頭火の命日「山頭火一草庵まつり」会場で表彰。
               
                    
   一草庵の「山頭火俳句ポスト」に投句された俳句は、140句
   県外句は、新型コロナの影響及び一草庵休館のためありませんでした。


         

         

山頭火俳句ポスト大賞     
  この辺に牡蠣船ありて山翁忌    松山市 西 敏秋     
 【評】【酒にだらしなかった山頭火が、道後にあった「牡蠣船」の付馬をつれて藤岡政一さんのところに行き、藤岡さんと高橋一洵さんの二人が借用証書を書いて山頭火を引き取ったのはファンの間では有名な話。昭和十五年の五月五日のことである。その年の今日、十月十一日に山頭火は没した。山頭火の人生や藤岡さんや高橋さんの暖かさが書き留められており山頭火俳句ポスト賞にふさわしい句だと思う。(小西)

山頭火一浴一杯賞
 ふるさとへ防府の方へ野分雲      松山市 髙橋孝伯 
【評】山頭火は、明治十五年に現在の防府市に生を受け、大正十五年に「解くすべもない惑ひを背負うて、行乞流転の旅に出」たのであるが、「ふるさとへ防府の方へ」という畳み掛けるような表現が季語「野分雲」とうまく響き合い、故郷に対する逸るような気持ちが一句全体から伝わってくる。また、野分を引き起こす雲である「野分雲」は山頭火の生涯の暗喩であるとも考えられる。(白石)
 
山頭火柿しぐれ賞
似て非なる自重に自嘲茨の実    松山市 西野周次 
【評】広辞苑には自重は自分の行いを謹んで、軽々しくふるまわないこと。自
 嘲は自分で自分をあざけること、とある。全く同じ「ジチョウ(・・・・)」であるが、
意味は異なる。二つの単語はどちらも自分をみつめる言葉である。季語の茨の実は、
秋、野山に自生するバラ科の落葉低木で赤い小さな実が熟す。自分を戒め自分の内面を
振り返る時、茨の実は的確な季語となっている。(本郷)
     
小西昭夫選
【特選】
 路地裏は早く暮れをりすいっちょん  松山市 今岡美喜子
【評】「すいっちょん」は馬追のこと。秋になって虫たちも鳴き始めた。日暮れも少しずつ早くなってきたが、路地裏の日暮れはさらに早い。そんな秋の深まりとさみしさを馬追の鳴き声に託して詠んだ。「すいっちょん」の押さえが見事である。

【入選】
 父知らぬ我が人生や終戦日      松山市 大川忠男
【評】「父知らぬ我が人生」にはそれだけ苦労も多かっただろう。何とか生き抜いて今の生活がある。だから、「終戦日」には万感の思いがこもる。戦争でお父様をなくされた方も多く、類句があるだろうことは予測できるが、個人の思いとしても二度と戦争を起こさないためにも何度でも書かれなければいけない句である。
  
白石司子選
【特選】
 余生にも目指すものあり青き踏む     松山市  大川忠男
【評】社会的な活動期を終えた後、つまり、「余生」は静かに送りたい思うのが一般的かもしれないが、この作者は尚且つ「目指すもの」があるのである。そして足の裏から春の喜びを味わうという季語「青き踏む」から前向きな姿勢が窺える。

【入選】  
 一草庵ラムネと語る昭和かな        松山市 西 敏秋
【評】清涼飲料の数も増え、いまは懐かしいものとなった「ラムネ」。そのラム
   ネを媒介として作者は誰かと昭和を語ったのであろう。何となく「おちつい
   て死ねさうな」、いや、ゆったりとした気分にさせてくれる「一草庵」だか
   らこそ、こういった心境にもなれるのである。
      
本郷和子選 
【特選】
白まんま炊き上ぐ八月十五日        松山市 辻原雅子
【評】白まんま(・・・)は白いご飯にこと。昔このような言い方をしていた人も多い、
 日本人として決して忘れてはならない終戦の日、白い飯を炊くことのできる意味は深い。昭和二十年に生まれた人はすでに七十五歳となる今、戦争を知らない人間ばかりとなる時代は恐ろしい。白まんま(・・・)とあえて表現したことで当時の状況、情景を彷彿とさせる共感句である。

【入選】
 水兵帽残る生家や終戦日       松山市 浅海好美 
【評】特選・入選とも終戦日の句を選んだ。作者の父上かどなたかが海軍の兵士であったのだろう。水兵帽は、七十五年経た今も、大事に保管されているのだ。作者は、この水兵帽を見て、どういう思いを巡らせているのか「白まんま」の句と共に読む者の心にずっしりと訴えるものがある。句の裏側には、「戦争は絶対にしてはならない」というメッセージが込められている。

髙橋正治選 
【特選】
 空蝉の一歩届かぬインターホン      松山市  藤山綾子
【評】空蝉は現身(うつせみ)でもある。勤めて精進すれば出来ないものはない。一滴の水も石に穴をあけることが出来る。精進は努力、届く筈である。

【入選】
 丑年の父を乗せたる茄子の馬     松山市 辻原雅子
【評】あの星の世界よりも尚遠い十万億土から一年に一度帰って見える仏さま。なすびやきゅうりの馬を添える。気をつけてね、又来年ねという声が聞こえてきた。



 

2020年9月12日土曜日

元気を出そう!没後80年「山頭火一草庵まつり」。

  コロナで自粛中の皆さまへ
  元気を出そう!「山頭火一草庵まつり」を山頭火の命日10月11日に開催し
  ます。三密を避けるために、「山頭火俳句でアート展」を企画しました。




  
       お手手こぼれるその一粒一粒をいただく  山頭火

     この句は山頭火58歳の秋、土佐の安芸から高知にでるまでの遍路途上の作。

   軒に立ってお経をよみ、つつましくお米をいただく山頭火の姿が見えてくる。

   坊やをだっこしたお母さん、坊やは僕がやるいって小さな手で握ってくれるのだが、

   その手からぱらぱらとお米が地にこぼれる。それをもったいないと、腰をかがめて、

   山頭火は、一粒一粒拾う。


    <内容・スケジュール<>
    ◇山頭火一草忌(81回忌)
        10月11日(日)9:00~9:30
        会場 一草庵

    ◇第11回山頭火検定   
        10月11日(日)13:00~14:30
        会場 清水公民館(松山市清水町3丁目170-4)

    ◇第30回山頭火俳句ポスト表彰式
        10月11日(日) 13:30~14:30
        会場 一草庵

    ◇山頭火俳句でアート展
        10月4日(日)~11日(日) 9:00~16:00
        会場 一草庵広場

    ◇山頭火トークイベント
        10月10日(土)、11日(日) 15:00~16:00
        会場 一草庵広場
        ●芥川賞作家・町田康エッセイの朗読
         町田康さんのご協力を得て、
         Web新小説「寺小屋山頭火」のエッセイを朗読させて
         いただきます。
        ●早坂暁ドラマ制作の秘話を語る
         NHKドラマ「何でこんなに淋しい風ふく」を手掛けた
         早坂暁さんのドラマ制作秘話などを語ります。

      


           <アート展案内用葉書きです。>