今週の山頭火句

今週の山頭火句 寒うなつて葉ぼたんうつくしい  山頭火

2017年12月15日金曜日

『第24回山頭火俳句ポスト賞』の表彰!



今日12月15日は、山頭火の一草庵入庵日です。
山頭火の遺品「鉄鉢」を展示しています。
あわせて、「第二十四回山頭火俳句ポスト賞」の表彰式を行いました。                                             一

一草庵の「山頭火俳句ポスト」に投句された俳句は、134句。
(内、県外句は十七句。)藤沢市、横浜市、東京都日野市、埼玉県鴻巣市、四国中央市、ポーランド・ワルシャワ等。各選者の先生に優秀句を選ん
でいただきました。 (投句期間 平成二九年六月一日~十月三一日)
                      
山頭火俳句ポスト大賞
来た道も行く道木の葉降りしきる   松山市 岩崎美世

【評】決して平坦ではなかった「来た道」、しかし、それも「行く道」であったはずで、振り返ると木の葉が盛んに降っている。「木の葉降りしきる」のフレーズが、映画のワンシーンのような効果と共に、来るべき春への再生をも想像させる。(白石)

山頭火一浴一杯賞
水注ぐ土魂プクリと涼を飲む      松山市 亀井紀子 

【評】カラカラに乾いた土魂だったのだろう。水を注ぐと土魂はまるで水を待っていたかのように、人間で言うと、ごくごくと水を飲むように、土魂は「プクリ」と水を吸い込んだのだ。それを「涼を飲む」と結句で締めたところはベテランの味がする。「プクリ」という発想もおもしろい。オノパトペをうまく使っている。一浴一杯のお酒を土魂に捧げたい。(本郷)

山頭火柿しぐれ賞
捨聖追うてどんぐりころがれり    松山市 水口俊幸  【評】「捨聖」といわれると、すぐに一遍を連想するが、山頭火もまた
「捨聖」と呼んでいいだろう。どんぐりに慕われる聖は山頭火こそふさわ
しいかもしれない。「柿しぐれ賞」に相応しい作品である。(小西)

小西昭夫選
【特選】
 逆打ちの遍路に出逢ふ登校日  松山市 楠本 たけし

【評】逆打ちのお遍路さんは、より大きな願いや惑い、苦しみを持って札所
を回っているに違いない。そんな逆打ちのお遍路さんに登校時に出逢ったの
だ。朝早くから逆方向に向かうお遍路さんに出逢って若い作者(おそらくは)
は人間のもつ闇に思いが及んだのだ。

【入選】
 炎帝や赤い音来る救急車       松山市 太田辰砂

【評】「炎帝」は夏を司る神のことだが、ギラギラした太陽を思わせる。
事故か急病人か。炎暑の中を赤色灯を点灯し「ピーポーピーポー」とサ
イレンを鳴らしやって来る救急車。それを「赤い音」とは見事な表現だ。

白石司子選
【特選】
 風音に百の詩あり草紅葉      松山市 大川忠男

【評】日常の喧噪を離れ「風音」に耳を傾けると、心情に寄り添うようにある「百の詩」。手の届きそうにない「千」とか「万」ではなく、「百」としたところがこの句のいいところで、田の畔や土手の上などに色づく身近で美しい「草紅葉」とうまく響き合う。

【入選】
 一の湯二の湯三の湯ならぶ雲の峰  松山市 渡部秀美 

【評】作者の眼前にあるのは温泉、それとも雲の峰、それによって解釈はわかれるが、一の湯二の湯三の湯とならぶ温泉から湧く湯けむりを「雲の峰」のようだと見立てた句とみていいだろうか。一、二、三の数詞がリズムを、また、雲の峰との響き合いが、地上の温泉から温泉をではなく、天上の雲から雲へと心ゆくまで堪能している姿を想像させる。


本郷和子選 
【特選】
 秋螢ハットを被り昇天す        松山市 太田辰砂

【評】八月に亡くなられた山頭火倶楽部理事長の熊野伸二さんへの追悼
句であろうか。いつもおしゃれに帽子を被り紳士そのものだった。氏の
遺影もこの帽子姿であった。螢は、最後に天へ昇ってから死すという。
今頃、熊野さんは天上にて、俳句ポストの選をしておられるかも知れない。

【入選】
 三日月に腰かけて見る宇宙かな   四国中央市 星川さと子
 
【評】まるでメルヘンである。このような句は、柔軟な発想力と若々しい感性を持つ人でないと作れない。この句は、俳句として「三日月」というきちんとした季語も入っている。写生一辺倒な俳人には理解できないだろう。俳句もまた詩である。目をつむれば、壮大で、青くて暗い宇宙に浮かぶ三日月にチョコント腰をかけている作者が見えてくる。

 まつやま山頭火倶楽部賞
 柿の実も私を迎う一草庵     ポーランド 梅田アグニエシカ

【評】飾った言葉を何一つ使わず、秋の一草庵を訪ねた清純な気持ちが伝わってくる、一草庵の柿にウインクしているようだ。「もの」から「姿」が見えてくる。作者は誰だろう。ポーランドのワルシャワ大学で日本語を教えていたという素敵な女性だった。俳句結社『葛』(師系・高野素十)の俳人で、ポーランドでも句会を開催してるそうだ。一草庵のシンボル・象徴たる柿の実が心をひとつにしてくれた。




2017年10月28日土曜日

『山頭火一草庵まつり』報道


10月9日開催された『山頭火一草庵まつり』の報道について
報告しておきます。

 愛媛新聞記者:宇都宮里恵さんが取材、記事として取り上げてくれました。

 愛媛CATVの小田絋代さんが取材、たうんニュースで紹介してくれました。


新村さんがビデオ撮影撮影してくれた「山頭火一草庵まつり2017」が
愛媛CATVで、一時間番組で放映されています。ご覧あれ!
 10月27日、10月28日、11月1日。



『山頭火一草庵まつり』の報告

報告が遅くなってしまいました。
山頭火の命日10月11日を記して、沢山の方に参加してもらおうと、
毎年その前の日曜日に、「山頭火一草庵まつり」を開催しています。
今年は、10月9日。
①9時から、山頭火一草忌を。
 うどん供えて、母よ、わたくしもいただきまする 山頭火
”うどん供養”を行いました。
②続いて、午後1時より、「山頭火検定」を、第8回を迎えます。
③午後3時から、山頭火に捧げる「箏の調べ」コンサートを行いました。
 箏演奏者・白方岳さんが、山頭火に思いを込めて、
 山頭火の俳句に曲をつけてくれました。
 また、横山妙蓮さんは、山頭火の人生を踊りにして、ご披露してくれました。
愛媛新聞社、愛媛CATVが取材に来てくれました。
 写真で、報告させていただきます。



うどん供養


第8回山頭火検定


山頭火奉讃・箏の調べ








山頭火踊り



 愛媛CATVのたうんニュースです。

2017年9月27日水曜日

2018年山頭火カレンダー

山頭火ファンの強い要望があり、2018年度の「山頭火カレンダー」ができた。
山頭火の命日に因んだ「山頭火一草庵まつり」で、ご披露する。
限定60部。ワン・コインの500円。
山頭火まつり参加者に、一草庵で販売、是非お越しください。












10月9日の山頭火検定受験者の合格対策法座も実施した。
よく勉強されている人ばかりで、沢山の質問がでた。


2017年8月29日火曜日

今年の『山頭火一草庵まつり』は10月9日です。

山頭火の命日を記して、

10月9日(祝)に「山頭火一草庵まつり」を開催します。

今回は、箏の調べで山頭火を語ります。

皆さん、箏を聴きながら、俳人山頭火の世界を堪能下さい!


開催日  平成29年10月9日(祝)

      15:00~16:00

開催場所 一草庵広場(護国神社西隣)




 ※ 水口酒造株式会社、土屋水産株式会社、大和屋別荘、かわさき眼科、愛麺株式会社
    浦屋病院、椿神社が協賛してくれています。

  是非、一草庵へお越しください。お待ちしています。

2017年8月28日月曜日

「第8回山頭火検定」の受験者募集!

 「山頭火検定」募集のお知らせです。 

山頭火の命日が近づいてきました。

第8回目の「山頭火検定」を実施します。皆さん是非チャレンジしてください。



 第8回山頭火検定


試  験 日  平成29年10月9日(祝) 13:00~14:30


試験会場  松山市ハーモニープラザ(℡ 089-933-9211)
          (松山市若草町8-3 松山市社会福祉センター隣)


検定料   一般 ¥1000  高校生以下  ¥500


      検定料の振込は、最寄の郵便局の「振込取扱票」で。
      ・振込先 口座記号番号 01680-3ー108377    
      ・加入者名   まつやま山頭火検定実行委員会            


募集期間  8月22日(火)~9月24日(日)


申込方法  ハガキまたはFAXで、下記の申込先へ。
       (住所・氏名・電話番号・年齢・性別を記入。)


試験要項  60問・択一式  正解率70%で合格認定。


『山頭火検定・公式テキスト』(¥600)より90%出題。





過去の検定問題は、HPのジャンル別情報の「山頭火検定問題」をクッリクすれば、参照できます。


※『山頭火検定・公式テキスト』は、子規記念博物館、一草庵で販売しています。
 遠隔地の方は、下記の<申込先>へご連絡ください。

 <申込先> 〒799-2651  愛媛県松山市堀江町甲1615-3
                    NPO法人まつやま山頭火倶楽部
                        TEL 090-6882-0004 
                        FAX 089-978-5959

<  連絡事項! >

 事前対策として、「山頭火検定テキスト」を教材として、山頭火勉強会を開催します。


      「山頭火講座」 受講料は、無料です

 日時 平成29年9月24日(日) 13:00~15:00
 会場 松山市ハーモニープラザ 3F 集会室
       松山市若草町8-3 (089-933-9211)

『第7回一草庵・夏の子ども祭まつり親子俳句絆賞』の紹介

第7回一草庵・親子俳句絆賞』
〈平成29年8月5日〉

小西昭夫・選 
特選 〈清水小学校 〉 
いきおいよくコーナー曲ってくるそうめん
                栗田紗梨菜(4年)       
「まかせろ」とにがしたそうめん父が獲る 
                 栗田祈維斗(父)
父と娘の見事な連係プレー。そうめん流しだ。いきおいよく流れてきたそうめ
んを紗理奈ちゃんは取りそこねてしまった。しかし、後にひかえていたお父さ
んが紗理奈ちゃんの逃がしたそうめんを見事にキャッチ。見事な親子の連係プ
レーだ。しかし、このそうめんを食べたのはお父さんだと思うととても可笑しい。 

入選〈姫山小学校〉  
ソーダ水あわがはじける口の中        
                  大澤志織(4年)
目に涼し心に涼しソーダ水         
                   大澤 幸(母)
ソーダ水を口の中であわがはじけると単純化できたのがすごい。志織ちゃんは小
さな詩人だね。ソーダ水の炭酸ののぼっていく様子は本当に涼しい。それを心が
涼しいとはなかなか言えないし、涼しいのリフレインは見事だ。お母さんも詩人
だね。
入選〈湯築小学校〉 
夏の空雲一つなし海みたい   
                    新山泉月(4年)
日焼けして白い水着をきてるみたい 
                  新山久美子(母)
空を海みたいとはなかなか言えないよ。やるねえ、泉月ちゃん。日焼け
跡が白い水着のようなのは泉月ちゃんなのだろうけど、これがお母さん
ならお父さんは惚れなおすよ、きっと。

入選〈湯築小学校〉 
ふろあがり鏡に映る日焼けあと       
                 宮下隼一(6年)
初浴衣小さき足に慣れぬ下駄 
                  宮下美鈴(母)
隼くんは日焼けあとを残して元気に育っている。ふろあがりの日焼けあとも客観
的に見ている。お母さんはそんな隼くんの成長にまだ付いて行けない。だから、
隼くんのまだ慣れぬ下駄の心配をしている。こうやって子供は育つのだ。





白石司子選  
特選 〈清水小学校〉  
夏休み子犬と走る海岸線 
                保手浜 凱(6年)
母の日にないしょで犬かい離婚危機
                保手浜 寛(父)
「犬かい」は、「犬飼い」「犬買い」のどちらだろうか。ないしょだから「犬飼い」、
そして「母の日」だから、それを知らないのは、お母さまだけということであろ
うか。ささやかな「ないしょ」は離婚危機に発展。いや、「夏休み子犬と走る海
岸線」だから、一件落着。子犬によって家族の絆はますます強くなったのである。
子犬と走る海岸線が心地良くさわやかだ。
  
入選 〈清水小学校〉 
 なつやすみかぞくみんなであそぼうね 
               土屋まさおみ(1年)  
 夏休みカイジュウ兄弟家にいる    
               土屋三奈子(母)
 子供たちにとっては、待ちに待った楽しい夏休み、でも母親にとってはちょっぴり
複雑だし、遊びは時に喧嘩にも発展したりとなかなか大変。その辺りが「カイジュ
ウ兄弟家にいる」であり、深刻というよりは、俳諧味あるものとさせているのは、
「カイジュウ」の片仮名表記によるもの。少し冷ややかな目で、且つ、愛情溢れる
目で「檻」、いや、「家」にいる兄弟を観察しているのである。

入選 〈姫山小学校〉
たのしいなみんなでたべるゆうごはん  
               小田圭悟(1年)    
おはなしたくさんたのしいね    
               小田和何子(母)
ゆうごはんは、ひとりよりもみんなで食べる方がずっと楽しい。そして、返歌のよ
うな「おはなしたくさんたのしいね」から、明るい夕食の景が見えてくる。一緒に
食卓を囲み、会話することから家族の絆が生まれるのである。  
     
入選 〈湯築小学校〉
あさがおやさんたべものやさん大いそがし 
               山澤光太朗(2年)  
参観日蚊を叩いたのが父です    
                    山澤香奈(母)      
 あさがおの観察から始まる夏休み。そして、家族でたべものやさんに行く機会も多い
夏休み。観察する方もだけど、観察されるあさがおの方も君の期待に応えないといけ
ないし、たべものやさんも沢山の注文で大いそがし。楽しそうな夏休みだね。そして、父の日にか何かにあった参観日。静まり返った教室の中でパチンと蚊を叩く音。まさ
か父?黙っていればわからないのに、わざわざ「蚊を叩いたのが父です」とネタ晴らししているところが愉快。明るく楽しいそうな家族像がみえてくる。




本郷和子選 
特選 〈湯築小学校〉 
 水てっぽうねらいのまとは親の顔 
                   大坪 凜(4年)
 水鉄砲当てるな飛ばすな母の顔
                   大坪 絢(母)
 思わず笑ってしまった二句。親と子の句がぴたっと一致して上手。
 仲の良い母と子の楽しいひと時が思い浮かび楽しい。    

 入選〈姫山小学校〉  
つばめのこおおきなくちをそらにむけ   
                 岩井咲恵(1年)
頑張れと背中で励ますランドセル  
                 岩井恭代(母)
作者は1年生。大きな口を開けている様子をよく観察している。母親の句は、
大きくて重い背中のランドセルが、子供を励ましているのだがそれは、お母さ
んの励ましの声でもある。

 入選〈清水小学校〉 
かげろうがかぜもないのにゆれるみち 
                山本 碧(1年)
陽炎にゆらりとのびる杉木立        
                山本與志隆(父) 
風もないのに道がゆれているのを不思議だなと思ったら、それは陽炎のためだ
った、ということを発見した。ゆらゆらゆれる道を見て俳句にするなんて素晴
らしい。父親の句も陽炎によって木々がゆらりと伸びるという表現が巧み。

入選〈湯築小学校〉  
あせキラリ内また一本はつしょうり      
               西村愛結(2年)
フィルターの涙でにじむ光る汗        
               西村紀子(母) 
柔道の内またで一本決まった。初勝利であったのだ。上五にあせキラリ
で入ったことで句がいきいきとなった。母親の句、カメラでその場面を
撮っていたのか、初勝利の感激で涙がにじみ汗も光った。


 
熊野伸二選 
特選 〈姫山小学校〉 
 僕よりも三歳年上扇風機       
                 松下蒼歩(3年)
老体にムチ打ち働く扇風機 
                  松下哲也(父) 
扇風機は一〇年近く頑張ってくれているのですね。扇風機はお父さんのようです。
親子の愛情が風にのってやってきました。
        
入選〈清水小学校〉 
あつい夜家ぞくみんなでせんぷうき 
                小池美羽(2年)    
青空へ送ってみたいかげおくり 
                小池美裕幸(母)
クーラでなく扇風機を囲んでの家族の話声が聞こえてきます。
そんな時、お母さんは、雲一つない青空に“かげ”を送ってみたいと
思われたのでしょう、そんな暑い夏の夜を垣間見ることができました。
    
入選〈清水小学校〉
そらのうえかみさまみてるぼくたちを
               光田凱海(1年)    
父母も見守ってるよ近くから    
               光田智世(母)
きっときっと神様はあなたたちを見守っています。でもあなたを一番見守って
いるのは、お父さんお母さんです。だまっていてもわかるでしょ。

入選〈湯築小学校 〉
かぶとむしいつでもつのはかっこいい   
              石川陽祷(1年)      
息子との日課はかぶとゼリー換え 
              石川照美(母)
かぶとむしを友達のようにかわいがっている石川君の姿が見えてきます。
お母さんと一緒に食欲おうせいなかぶとむしに毎日、昆虫ゼリーをやっ

ている親子の姿、かぶとむしがうらやましい。

まつやま山頭火倶楽部いいで賞
<親子俳句絆賞>                                                                      
ことしもねきたアルプスでやまのぼり   
              真鍋義正(清水小1年) 
子と仰ぐ一万尺の天の川     
              真鍋俊正(父)
  思わす、上高地の河童橋の風景が目に浮かびました。穂高に登ったのかしら?
  “一万尺にテントを張れば、星のランプに手が届く”。お父さん、我が子とアル

プスの夜空を見上げるなんて、至福のひと時ですね。景が見事に見えます。






 

 

『第7回一草庵・夏のこどもまつり俳句賞』の紹介


『第7回一草庵・夏の子どもまつり俳句賞』
<平成29年8月5日>
                                 

                                         
小西昭夫・選

【特選】 ゆかた着ておとなになった私かな        湯築小年6年   玉井菜々美
いいなあ、こうやって少女は大人になるのだが、少女の側にもその自覚がある
事を教えてもらった。「君は静かに音も立てずに大人になった」という井上陽水
の歌詞が重なってくる。
【入選】 ばったはあしがすごい                清水小1年   朝日悠介
確かに、ばったはあしがすごい。あの跳躍力はあの足から生まれるのだ。山頭火
を顕彰する一草庵にふさわしい自由律の句である。
【入選】 夏の空太陽長く月短く                 姫山小3年   杉浦悠仁
短夜という夏の日の素朴な観察がすごい。太陽の時間は長く月の時間は短いのだ。
早い話が昼は長く夜が短いのが夏。それを自分のことばで表現したのがすごい。
【佳作】 お父さんしゅく題見てって言ったやろ      清水小3年   横山真由
お父さんはテレビを見ているのかお酒を飲んでいるのか。真由ちゃんの宿題を見
てくれない。真由ちゃんの怒りは限界に来ている。おかしい。
【佳作】 夜の空いつもとちがう天の川             姫山小3年  門屋旭希
七夕の夜だ。その夜空がいつもとちがうと感じる感性がすごい。松尾芭蕉にも
「文月や六日も常の世には似ず」の句がある。旭希くんは現代の芭蕉だ。


白石司子・選

【特選】 かきごおりヒヤッとあまくてゆうひいろ    湯築小1年 齊藤由高
かき氷は、もちろん甘いがそのあたりに着目した句は少ない。「ヒヤッとあまく
て」が、かき氷屋さんのキャッチコピーのようで、本当に冷たくておいしそう!
そして、この句の一番すごいところは、「ゆうひいろ」と把握したところ。
「ゆうひいろ」から、赤とかオレンジとかいろいろ想像され、それらの色と融合
しているようなきれいな景も広がってくる。                 
【入選】 夏の夜あわてんぼうの虫の声          清水小6年 大嶋立惺
暑さで寝苦しい夜、君は秋の季語である「虫の声」を聞き、まだ夏なのにあわて
んぼうだなと思ったんだね。「あわてんぼう」としたところに、小さな動物と心
を通わせているようなやさしさを感じる。

【入選】 試合後は光るあせとソーダ水         清水小6年 太場信之介
「あせ」と「ソーダ水」という二つの季語から、試合は夏に行われたものだと
想像される。そして、結果については述べられていないが、省略こそ俳句!
「光るあせとソーダ水」から達成感みたいなものがうかがえる。俳句は五七五、
季語はひとつなどという約束事よりも、先ずは感性を大切にしたい。それから
推敲して形をととのえればいい。  
                                     
【佳作】 夏の朝家族になったカブト虫          姫山小4年 池永 陽   
俳句は作者の手を離れれば読者の自由なので、この句には二つの解釈ができる
と思う。朝早く誰かと「カブト虫」を採りに行って君の家族になった、また、
君んちのカブト虫に赤ちゃんが生まれ新しい家族が増えた、どちらが事実かは
わからないが、こうして想像を広げていくことができるのも十七音という俳句
の短さ故の楽しさである。要するに、この句のテーマは、「生き物はみんな家
族」。そう考えるとこの世の中から争いごとは無くなるよね。                        
【佳作】かきごおりおなかにゆきがふってくる   湯築小1年 丸山 翼
  夏といえば「かきごおり」の句が圧倒的で、「頭がキーンとして痛い」などとい
うのがほとんどであるが、「おなかにゆきがふってくる」という把握はすごいね!
この句からは、かき氷を食べることで暑さが引いたということだけでなく、雪がお
なかに降ってくることで、内面までも真っ白に新生したような感じも伝わってくる。
この感性大切にして!

本郷和子・選
【特選】 ハンカチにホタルを入れたらランプだよ   清水小3年  石井彩貴
  ハンカチにそっとホタルをいれて包むようにすると、点滅する蛍の灯りみえて
  美しいと思う。それをランプのようだと見立てた作者の発見がすばらしい。
【入選】 貝がらを耳にあてれば海の音           姫山小4年   中本稀璃 
   浜で拾った貝がらを耳に当ててみると、きっと、波の音が聞こえてきたのだろう。
   少女が浜辺で貝がらを耳にして静かに海の音を聞いている姿が目に浮かぶ。  
【入選】 せん風機まわれば私もまわりだす         湯築小6年  加藤愛佳
   まわればまわりだすという繰り返しがおもしろい。リズム感がある。
扇風機がまわるのを見ていて、自分の気持ちも一緒にまわっているのだろう。
【佳作】 すいかわりみんなのこえでまっぷたつ     清水小1年  宮崎光希
   目かくしをされていて周りの皆が「右」「もっと右」とか「もう少し前」
  「がんばれ」とか教えてくれているのだ。その声のおかげで西瓜はみごとに
まっぷたつの割れた。俳句になっておみごと。
【佳作】  物語続きはお風呂で夏の夜           姫山小6年  葛西真生
   日本の昔語かそれとも外国のすてきなお姫さまの物語か句を読む人に想像をさせる
   表現が上手。お風呂は楽しい時間になるだろう。
 
     
熊野伸二・選

【特選】 およぎましょうおおなみこなみなつのうみ  湯築小1年 アブダン 
 アブダンくんの誘いかけに思わず泳ぎたくなりました。“おおなみこなみ”のリズムに
のって。  
                                 
【入選】 なつふくきすずしくいきいきしょうがっこう  湯築小1年 生田百世
 夏をのりきるための心構えができていますね。すずしそうで、かわいい。
                                         【入選】 せみたちがいちばんめざしないている   湯築小1年 山本佑紀
 朝から蝉の声は、やかましいですね。やかましいと思わず、一番をめざしている
とせみたちを応援しているあなたの純な気持ちは美しい。
                                           佳作】 あじさいはいろんな色でげいじゅつか   姫山小3年 有本陽愛花
 あじさいは「七変化」するそうです。そんなあじさいを芸術家とよんだあなたに、
 あじさいへのおもいやりを感じました。あなたも芸術家です。

【佳作】 かきごおりたべたらあたまかちんこちん   清水小2年  大西美空   
  “かちんこちん”と音が聞こえてきます。あつい時は、かきごおおりをたべて、
  夏をのりきってください。

まつやま山頭火倶楽部いいで賞

 アジサイが雨のシャワーでうすげしょう      清水小4年  篠原 元
  なんと、作者は4年生の少年。紫陽花の薄化粧という言葉をよく思いついたも
のだ。雨が降れば紫陽花は一段と美しく見えたのでしょう。