今週の山頭火句

今週の山頭火句 さてどちらへ行かう風がふく  山頭火

2011年11月26日土曜日

「第2回山頭火検定」の試験問題(その2)

検定問題にチャレンジしてみませんか。(その2)


問6 山頭火は26歳で結婚しましたが、その妻の名は何といいますか。


1 フサノ
2 ツルノ
3 サキノ

問7 翌年、長男が生まれました。彼は父・山頭火に給料の半分を送り続けたといわれています。その名前は何といいますか。

1 健
2 猛
3 剛


問8 大学を中退し、防府へ帰郷していた山頭火が、明治39(1906)年、24歳で父と一緒に酒造業をはじめます。その場所はどこですか。

1 山口県防府市
2 山口県大道村
3 山口県小郡町



問9 郷土文芸誌「青年」に掲載したロシア文学翻訳では「山頭火」の号を使い、大正2年からの俳号も「山頭火」に改めます。それまで使っていた俳号は何ですか。

1 蜻蛉公
2 田螺公
3 椋鳥公


問10 明治44(1911)年、荻原井泉水が創刊した自由律俳誌に投句し始め、大正5年には選者になります。その俳誌の名前は何ですか。


1 ホトトギス
2 海紅
3 層雲

解答はここをクリックしてください。解答