今週の山頭火句

今週の山頭火句 笠にとんぼをとまらせてあるく  山頭火

2010年3月28日日曜日

桜さくさく「く三庵めぐり」。

山頭火に、 
さくらさくらさくさくらちるさくら」        
「なければないで、さくら咲きさくら散る」 
の句があったので、桜さくさく「三庵めぐり」を計画。(3月28日)

三庵とは、小林一茶も、尊敬して教えを請うて、伊予の国に訪ねて来たという、俳人栗田樗堂(ちょどう)のいおり、「庚申庵(こうしんあん)」
夏目漱石が正岡子規と52日間すごし、文豪・俳人として巣立つきっかけとなったいおり「愚陀佛庵(ぐだぶつあん)」
それと、山頭火・終焉のいおり「一草庵(いっそうあん」です。

入社4年目、最初の赴任地・松山で頑張っている 朝日新聞の美人記者が、
桜さくさく「三庵めぐり」を記事にして報道してくれました。
<サクラを眺めながら、点在する句碑の紹介に加え、松山の街の史跡の説明もあった。参加者は、三つのいおり以外にこんなにも句碑や史跡があるなんてと感心していた。>とのコメントを添えて。

三つの庵が交代で当番を務めました。今回は一草庵の担当。参加の皆さんに次の資料(地図)を配り喜ばれました。(クリックすると、地図が大きくなります。)