今週の山頭火句

今週の山頭火句 あるけばかつこういそげばかつこう  山頭火

2013年12月13日金曜日

「樗堂・一茶・山頭火吟行バスツアー」 (一草庵の巻)   そして、俳句交流懇親会(吟行優秀句の発表)

報告が遅れました、吟行最後の終着駅は、一草庵です。
到着時間が、30分以上遅れています。
松井てるみさん率いる「テルミーズ」が、素敵なメロディーで迎えてくれました。
そして、田中安子さんが、松山凧で作ってくれた、樗堂と一茶と山頭火が凧の姿で迎えます。
スナップ写真で、一草庵を味わってください。

松山凧で描く、樗堂・一茶・山頭火さん

「鉄鉢の中へも霰」山頭火の句碑を取り囲む二人
「俳壇」編集長・田中利夫さん、神野紗希さん、中村敦夫さん、マブソン青眼さん



 急いで、俳句交流懇親会会場、松山全日空ホテルへ向います。
アトラクションとして、
 琵琶「俳人山頭火」 見立旭庸先生に
 「伊予節」を小唄田村派師範 田村咲富美(さきふみ)さんにお願いしました。
  ♪伊予の松山名物名所
   三津の朝市 道後の湯
   音に名高き五色素麺
   十六日の初桜 ……
   小林一茶は、十六日桜を見たいと松山へやってきたのでした。
 
突如、山頭火現れる!

       樗堂・一茶・山頭火吟行バスツアー優秀句は、次のとおりです。
 
 水内慶太先生選
特選 秋光のほか拒みたる庚申庵           田代夏緒
秀逸 露地の秋伊予仕立てなる醤(ひしほ)の香   鈴木恭子

 マブソンア青眼先生選
特選 護亡し一草庵の萩乱れ              鈴木恭子
秀逸 秋明菊咲き上座なし下座なし           毛利敦美

 福谷俊子先生選
特選 護亡し一草庵の萩乱れ               鈴木恭子
秀逸 日の燦燦と庚申庵のはぎすすき        井門敬之

 神野紗希先生選
特選 秋好きと言えばにわかに海の風         村上邦子
秀逸 秋明菊咲き上座なし下座なし           毛利敦美

 中村敦夫先生選
特選 味噌蔵のつばめの巣後主なし            田中利夫
秀逸 醤油樽叩けば伊豫の秋高し            祐森水香

 俳句一草庵賞(熊野選)
特選 蜷(にな)の道吾の信ずることひとつ         橘 信子
秀逸 秋のこゑ匿つてをりつし二階              東 麗子


内慶太先生


神野紗希さん